会社沿革

1994 3 現代表取締役社長の生田英和が屋号「オズワーク」として創業。
電気部品関係の2次加工業を主たる業務として開始する。
1995 11 住宅用外壁材の加工開始。
1996 12 大手メーカーの2次外注として同質出隅OEM生産に携わる。
1997 3 「有限会社オズ・ワーク」法人設立。
1999 6 茨木豊川に敷地面積250坪の本社工場を開設。
同質出隅を工事店への製造直販会社としての業務を開始する。
2003 3 業務拡張に伴い大阪府高槻市に移転。敷地面積1000坪の本社工場として稼働を開始する。
6 ステンレス製オリジナルサイディング本体留付中間金具の製造販売を開始する。
2004 2 資本金1000万円に増資「株式会社オズ・ワーク」として組織変更する。
2006 8 各種大手サイディングメーカーのサイディング本体に共用使用が出来る高耐食溶融亜鉛メッキ鋼板を素材とした共用留付金具「OZ-NKシリーズ」を開発、実用新案(第3125473号)を取得し、販売開始。
2007 5 資本金を1300万円に増資。
10 千葉県に「関東営業所」を開設。東日本の営業拠点として活動を開始する。
2008 9 不陸調整材「OZ-SPシリーズ」の販売開始。
2009 7 新商品オールダイヤモンドチップソー「ZAN」の販売開始。
2010 6 サイディング本体留付共用ロングスターター「OZ-STAシリーズ」を開発、実用新案(第3145268号)を取得し、販売開始。
2011 4 「関東営業所」に物流拠点を設置。千葉県美浜区に移転。
6 資本金を3000万円に増資。遮熱透湿防水シートABSSの販売開始。
2013 2 縦張り用ロングスターター「OZSTB5」を開発し販売開始する。
4 会社ロゴマークを変更する。商標(第5574367)を取得。
2014 7 大阪本社に全国からの注文受付専用の受注センターを設置する。
2015 6 ISO 9001:2008(品質マネジメントシステム)の取得。
2016 1 遮熱透湿防水シートABSS®の商標(第58521029)を取得。
6 陶板外壁「スーパートライWall」 (株)鶴弥の販売代理店となる。
2017 6 耐力面材用補助金具「はる楽」を開発、実用新案(第3211223)を取得し、販売開始。
2018 6 日よけ・外装材「金属製フラクタル」が「KENTEN2018」優良製品・技術表彰において、優秀賞を受賞。
8 補修用塗料塗布具「タッチdePon」を開発、実用新案(第3218499)を取得し、販売開始。
2019 1 サイディング本体留付共用ロングスターター「OZ-STA シリーズ」をリニューアル。
2 経済産業省主催「健康経営優良法人2019」(中小規模法人部門)に認定。
3 通し柱専用金具「OZNK9」を開発し、販売開始。
6 ISO 9001:2015 の更新。